純規の暇人趣味ブログ

首を突っ込んで足を洗う

JPDirectでAWS Route53を使う

      2018/02/08    HimaJyun

先日はJPDirectに移管した事を記事にしました。そこでチラッと触れたのですが、JPDirectのDNSは試験用扱いとなっています。

なので今度はJPDirectで管理しているドメインのDNSをAWS Route53に向ける所を記事にします。(要はネームサーバーの変更だ)

JPDirectでRoute53

流石にRoute53の紹介は要らないよねぇ……?

Route53の準備

この節は手っ取り早く言えば「Hosted Zoneを追加します」なのでやり方分かってる人はスキップしてOK

まずはじめに、Route53の管理画面にアクセス。

「Hosted zones」を選び、「Create Hosted Zone」を選択する。

まぁ入力画面は見れば分かりますよね。Typeは「Public Hosted Zone」です。PrivateはEC2とかで使う内向きDNSを作る時に使うもの。

Hosted Zoneを作成したらJPDirectで登録するためのNSレコードを確認します。

恐らくNSレコードが自動作成されているはずなので、これのValueをメモっておく。

必要なら(というか多分必要だと思うけど)、Aレコードとかを設定しておく。

JPDirectにRoute53を登録する

JPDirectにログインして、「ネームサーバ設定・変更・解除申請」から該当のドメインを選択。

メモっておいたNSレコードの値を入力する。ちなみにRoute53のNSからコピーすると末尾にドットが付いているので注意。

確定

これでOK!

番外編: 浸透いうな

DNSに関しては浸透って言うと釘バット持った人に「浸透いうな」と怒られるらしいです。

しかしこれは無差別テロ的な何かではなく、浸透いうなの人が言いたい事は理解してしまえば納得なのです。

(DNSが分からない?3日考えりゃ理解出来るよ、ほら「読書百遍義自ずから見る」って言うじゃない?)

分かりやすい説明が欲しい

この辺りが参考になった。

本当は自分の言葉で説明したいんだけど、分かりやすいイラストとかを描く暇とスキルがないので上の2サイトを見れば良いと思う。(というか上の2サイトを見れば十分理解できる)

 - サーバー