純規の暇人趣味ブログ

首を突っ込んで足を洗う

[Minecraft]1.10対応のSpigot(Bukkit)を用意する

      HimaJyun

ビックリしました、寝て起きたら新しいバージョンが出ているんですから……

前回の「[Minecraft]1.9対応のSpigot(Bukkit)を用意する」が予想を遥かに上回る人気でしたので、今回も書いてみようと思います。

1.10!!

と言っても、変更点は小さく、基本的には1.9と同じなので1.8系からの移行でしたら先に1.9での方法をご覧頂ければと思います。

前回同様、こちらはサーバの話題です、新アイテムに関してはどこぞの有名な所でも見てれば間に合うでしょう。

公式のアナウンスは以下のページです、一応ご覧になれば良いかと

https://www.spigotmc.org/threads/spigot-craftbukkit-bungeecord-1-10.154136/

Windowsでのビルド準備

WindowsでSpigotをビルドするには「Git」が必要です、「Java」は既に入っているでしょう。

前回は面倒だったためLinuxでの手法しか書かなかったのですが、今回、新たにGitサーバを構築したので、それに伴い「Git for Windows」をインストールしました。

ですので、今回はWindowsでもビルドしてみようと思います。

と言っても、「Git for Windows」をインストールして頂ければ後は同じですが……

Linuxでのビルド準備

GitとJavaが必要です、Minecraftのサーバが実行されていると言う事はJavaはインストールされているはずです。

Gitはyumやapt-getでインストール出来ます(例:sudo apt-get install git)

いざ、ビルド!!

Linuxであれば通常のターミナル(Bash)を、Windowsであれば「Git Bash」を実行して下さい。

でもって、以下のコマンドを順に実行して下さい(spigotディレクトリの作成、移動、ダウンロード)

mkdir spigot
cd spigot
curl -L -O https://hub.spigotmc.org/jenkins/job/BuildTools/lastSuccessfulBuild/artifact/target/BuildTools.jar

後は1.9の時と同じ様にrev引数で1.10を指定すれば1.10対応版がビルドされます。

java -jar BuildTools.jar --rev 1.10

少々時間が掛かります、飛び交う弾幕でも華麗に回避していれば良いでしょう。

ビルドが完了すると、カレントディレクトリ(今いる場所=./spigot)に色々作成されています。1.9と殆ど同じですね。(末尾スラッシュはディレクトリです。)

  • apache-maven-3.2.5/
  • BuildData/
  • Bukkit/
  • CraftBukkit/
  • Spigot/
  • work/
  • BuildTools.jar
  • BuildTools.log.txt
  • craftbukkit-1.10.jar
  • spigot-1.10.jar

例に依って「craftbukkit-1.10.jar」と「spigot-1.10.jar」がありますが、ぶっちゃけきょうびCraftBukkitの方を使う人なんて居ないでしょう……だってSpigotの方が軽いですもの。

spigot-1.10.jarがサーバの本体です、他の物は消してしまっても良いですが、アップデートで再ビルドする時の時間短縮のために置いておきましょう。

アップデート

アップデートが来ていた場合はアップデートを行いましょう。

サーバから「/version」コマンドを実行するとバージョン確認が可能です、「You are x version(s) behind」と表示されればアップデートがあります。(xは数字、自分が使っているバージョンよりどれくらい進んだかを示す)

ビルド時と同じ様にBashを起動し、以下の様にもう一度ビルドすれば良いです。

cd spigot
java -jar BuildTools.jar --rev 1.10

そうして出来上がった(上書きされた)spigot-1.10.jarを現在利用している物と入れ替える、いつも通りですね。

いつもの注意点

何度も何度も至る所で同じ事が書かれていますが、念のために書いておきます。

Spigot開発チームはBuildTools.jarを利用して自分でビルドする方法以外の入手方法を快く思っていません。

稀に「ビルドしなくても○○からビルド済がDL出来る」とか言っている方がいらっしゃいますが、そのやり方はSpigotチームに一番嫌われる入手方法です。

同じバージョン(1.10)でも細かなバグ修正が何度も行われています、必ず自分でビルドしたサーバを利用しましょう

変更点

Minecraft 1.10に追従して、新しいブロックやMOBがいくつか追加されただけでしょう。

基本的に1.9で動作するプラグインはほぼそのまま動作します、動作しない?、自分で作るってのも面白いモノですよ。

(ナカノヒトは最近経済プラグイン(iConomyとかCraftConomyとかああいうのと同じモノ)を自分で作った)

個人的に

1.9が動くのならば1.10もきっとそのまま動きます、アップデート作業で困る事はないでしょう。

ただ、場合によっては「Optifineが無いと重くて辛い」と言う方も居るみたいなので、ユーザの意見を聞いて慎重にアップデートしましょう。

 - サーバ運営 ,