純規の暇人趣味ブログ

広くて浅い知識の湖

Intuosを買ってみた、何が要るの?どれだけ要るの?など。

      2016/10/04    HimaJyun

デジ絵、そう、ペンタブ(ペンタブレット)と専用のソフトウェアで絵を描く奴ですね。

私はいわゆる「形から入る」って奴でして、すなわち描けもしないのにペンタブを買った訳です。

と言う訳で、ペンタブを買いたい方の参考になるように、購入したペンタブやソフトウェアなどをご紹介しましょう。

購入したもの

「ペンタブが欲しいんだけど、何が要るの?/どれだけ要るの?」と言う方向けです。

念のために言っておくと、この記事を書いている人は絵描きではないので参考程度にどうぞ。(鵜呑みにしてはいけない、と言う意味)

本体

今回購入したペンタブはこちらです。

妙にデカい箱で届きます、左下はサイズ比較用のiPhone5
wacom_intuos_pro_m-001

大きさが「S」「M」「L」とあり、どれを購入すれば良いか分からない方は公式のペンタブレットのサイズ選びを参考にして下さい。

自分の液晶は20.5インチのため、「M」にしました。

中身は以下の通りです。
wacom_intuos_pro_m-002

以下の物が入っています。

  1. 本体
  2. グリップペン
  3. ペンスタンド
  4. 替え芯
  5. 芯抜き
  6. カラーペンリング
  7. USB接続ケーブル
  8. マニュアル
  9. ドライバCD-ROM
  10. アプリケーションダウンロードガイド
  11. 無線キット

つまり、本体を使用するのに最低限必要な物は入っている訳ですね。

ペイントソフト

ペンタブの強みを100%発揮するためには、ペンタブの機能を最大限活かすことが出来るソフトウェアが必要になります。

それらのソフトウェアにもいくつか種類がありますが、有名どころだと「Photoshop」「CLIP STUDIO PAINT」「SAI」「FireAlpaca」などでしょうか?

「描けない人」なりに自分で調べた結果から、私は「CLIP STUDIO PAINT PRO 公式リファレンスブックモデル」を選びました。

一応、公式リファレンスの無い版もありますが、公式リファレンスはCLIP STUDIO PAINTを使う上で有用なテクニックが載っているので、少々高くても公式リファレンス付きの方をお勧めします。

ちなみにですが、「FireAlpaca」は無料です、ペンタブの購入で財源がカツカツ枯渇した場合には真っ先にこれが選択肢となるでしょう。(無料と言えど有料ソフトに劣らない非常に優れた機能を備えています)

オーバーレイシート

また、ペンタブを購入する際は、一緒にオーバーレイシート(保護シート)を購入する事をオススメします。

上記の製品はPTK-650用と書いてありますが、PTH-651(このペンタブ)でも問題なく使えます。

ペンタブなどはどうしても擦る動作がメインになるので、使い込んでいくと傷が付いてしまいます。

保護シートを張っておけば、この保護シートを張り替えるだけで済むので安心です。(修理に出すと高いらしい)

(ちなみにですが、紙を敷いたのでも構わないでしょう、紙を敷くと描きやすさアップです。(私は保護シートの上に更に紙を敷いています))

消耗品関係

使っていくとなくなる(定期的に買い足す必要がある)物ですね。

今すぐ買わなくてはならない物でもないのですが、私は後の事を考えて先に買っておきました。

替え芯

ペンタブの芯は消耗品です、使っていくと徐々に削れて短くなっていきます。

私はちょっとした収集癖みたいな物があるので、一緒に替え芯を数種類購入しました。
wacom_intuos_pro_m-003

この製品で使えるのは以下の4種類のようです。

なぜか製品名が「Intuos4用」となっていますが、IntuosPro(この製品)でも問題なく使えます。

と、言うより、公式のストアにIntuosPro用として販売してあります。

ちなみにですが、「どのペンが良いの?」と言われると、個人的にはハードフェルト芯が好きです。

替えペン

これは焦って買わなくても困らないかと思われます。

ただ、ペンも半消耗品みたいなもので、そこそこ壊れやすい(らしい、壊した事がないので分からない)です。

ペンタブをよく使う人は壊れた時に作業を中断しなくても良い様に、1本予備で持っておくと良いでしょう。

ちなみにですが、ペンの台座はこれに付属しています(台座単体売りはない?、まぁ、要らないよね)

マルチディスプレイの時は?

私、どちらかと言うとプログラマなので、PCがマルチディスプレイ(1つのPCに複数の液晶が繋がっている)になっています。

「S」「M」「L」のどれにするか選ぶとき、マルチディスプレイへの対応はどうなのか気になりました。

結論から言うと、しっかり対応しています、心配無用。
wacom_intuos_pro_m-004

  1. タブレットのプロパティを開く
  2. 入力デバイスの項目からグリップペンを選ぶ
  3. 表示エリアから設定したいモニタを選ぶ

ソフトウェア別に設定する事も可能な様になっています、また「縦横比を保持」のチェックは入れておいた方が良いでしょう。(描く時にズレなくなって、描き味がより感覚に近いものになる)

 - パソコン ,