純規の暇人趣味ブログ

首を突っ込んで足を洗う

ASUS ROG Strix X570-F Gaming レビュー

      2019/10/26    HimaJyun

前回はX570 Taichiのレビューをやったので、今日はASUS ROG Strix X570-F Gamingのレビューをします。

ASUSのX570 ATXマザーです。

スポンサーリンク

X570-F

この記事でレビューするのはASUS ROG Strix X570-F Gamingです。名前が長すぎるので以下X570-Fと省略

X570 Taichi同様に自腹購入です。気絶して目が覚めたら2枚のマザーが手元にあった、財布はスッカラカンになってました。

X570 Taichiとの比較もやってるので興味あればどうぞ

X570 TaichiとROG Strix X570-F Gamingを比較

開封

箱です。どうでもいいけどROGがRepublic Of Gamersの頭字語なのに今更気付いた。
X570-F 外箱

マニュアルと付属品です。
X570-F マニュアルX570-F 付属品

特に変わった部分はありませんね。普通のマザーボード。

外観

マザー本体の外観を眺めましょう。
X570-F 外観

上二つのPCIe x16スロットは強化タイプになっています。
X570-F PCI周り

ヒートシンク外してみました。

M.2スロットは2つ。M.2 22110だとヒートシンクのネジと共用になるタイプですが、そんな長さのSSDは売られていないので実質的にネジは別です。
X570-F M.2スロット

こちらはヒートシンクに付属のサーマルパッド
X570-F サーマルパッド

Type-Cヘッダーもあります。
X570-F Type-Cヘッダー

I/Oシールドは一体型です。
X570-F I/Oシールド一体

これくらいですね。他は極めて普通のATXマザー

仕様

仕様の話をしましょう。

Zen2を使用する場合の仕様表です。

フォームファクタ ATX
ソケット AM4
チップセット X570
CPU Ryzen 2000/3000 シリーズ
フェーズ数 14
メモリ DDR4x4 (最大: 128G)
LAN Intel I211AT (1Gbps)
PCIe x16: 3
x1: 2
ストレージ M.2: 2
SATA 8
マルチGPU AMD: 3-Way CrossFireX
NVIDIA: 2-Way SLI
ファンコネクタ 7
Type-C ヘッダー あり

この辺りはどこも似たり寄ったりだよね~……という感じ。

PCIeやM.2の配線みたいな話をしましょう。

メモリの組み合わせ

ASRockみたいな分かりやすい組み合わせ表がサイトに載ってないので普遍的な話をします。

最近はメモリコントローラーがCPUと統合されているのが当たり前なので、メモリの組み合わせはどのメーカーでもさほど大差ないと思います。(デイジーチェーンとかT-トポロジーとかでOCのやりやすさには差があるかもしれませんが……)

Zen2が定格で対応しているのはDDR4-3200までです。JEDEC(1.2v=非OC)で一番速いのもDDR4-3200です。

現状、JEDECネイティブで3200Mhz動作のメモリとして一番大きいのは16G(DR)の物で、これを2本挿すのが非OCで可能な一番速くて容量の大きい組み合わせだと思います。

Zen2 Ryzenで非OCならこのメモリ買っとけ

少なくとも、手持ちのJEDECネイティブDDR4-3200 16G(DR)を2枚刺し=32Gは大丈夫でした。
X570-F メモリクロック

M.2の組み合わせ

このマザーにはM.2スロットが2つあります。
X570-F M.2スロット

上から順にM.2_1とM.2_2です。

両方とも2242/2260/2280/22110対応で、SATAとNVMeが使えます。

M.2_1(上側)がCPUに直結で、M.2_2(下側)がチップセット経由です。マニュアルに書いてある。

PCIeの組み合わせ

PCIeスロットはx16が3本、x1が2本。うち上2つが強化タイプのスロットです。
X570-F PCIeスロット

組み合わせですが、PCIEX16_1が単体なら当然ながらx16です。PCIEX16_2を単体ならx8になります。

PCIEX16_1とPCIEX16_2を同時に使用するとx8/x8です。

PCIEX16_1とPCIEX16_2とPCIEX16_3を同時に使用するとx8/x8/x4です。

PCIEX16_1とPCIEX16_2はCPU直結、それ以外はチップセット経由です。

スロット同士で排他になることはありませんが、チップセット経由で繋がっているスロットはチップセットがCPUとx4で繋がっている関係から帯域を共有しています。

たとえばM.2_2とPCIEX16_3を同時に使用するとかだと遅くなることがある。

USB

最初に説明しておくと、USB 3.2 Gen1=USB 3.0(5Gbps)、USB 3.2 Gen2=USB 3.1(10Gbps)です。

背面のUSBですが、赤色のポートがGen2、青色のポートがGen1です。
X570-F 背面USB

ちなみにメーカーサイトに「8 x USB 2.0」とか書いてありますがこれは誤植です。2.0のポートなんてありませんので。
X570-F 誤植

ボード上にはUSB 2.0が2つ、USB 3.2 Gen1が1つ、USB 3.2 Gen2(Type-C)が1つあります。
X570-F ボード上USB

USB 2.0と3.2 Gen1は各コネクタごとに2つのUSBが接続可能なので、USB 2.0は4つ、3.2 Gen1は2つまで使えます。

リテールのLEDを制御する用のUSBヘッダーはないので、リテールクーラーのLED制御を使いたかったら2.0を1個潰す必要がある。(X570=ハイエンドでリテールクーラーを使う奴が居るかどうかは別として……)

背面のUSB 3.2 Gen1がCPU直結で、他はチップセット経由……だと思います。AIFとかを繋ぐために音質を気にする人は一応気にかけてみると良いでしょう。

ファンコネクタ

このマザーには7つのファンコネクタがあります。すべてPWM対応(4ピン)です。
X570-F ファンコネクタ

W_PUMP+が3A(36W)対応で、他はすべて1A(12W)までです。

AIO_PUMPとかW_PUMP+とかは水冷ポンプ専用みたいな名前をしてますが、回転数のデフォルト設定が違うだけなので普通にファンも繋げるはずです。

オーディオ

オーディオはRealtek S1220Aで、SupremeFXという高音質を謳う物になっています。

……ただ、オンボオーディオで音質に期待する方が間違いですわ。

1万円も出せば十分な性能のAIFやDACが手に入るので、音質重視派はそれを使いましょう。

気になるところ

気になるところ色々。

まさかのプラスチック

チップセットファンを覆っている部分なんですが……
X570-F チップセットファンカバー

これ、まさかのプラスチックです。

おそらくチップセットの熱をM.2スロットに伝えないためだと思います。(まさかコストカットなんて事はあるまい……)

X570 Taichiでは全面ヒートシンクで金属製でしたが、それだと表面積が増える代わりにチップセットやM.2 SSDの熱が他のM.2 SSDに行く可能性がある。

プラスチックなら熱的には分離されるので、チップセットの熱がM.2 SSDに行ったりはしない。その代わり表面積が狭くなる。

ただ「ヒートシンクっぽい見た目してるのにヒートシンクじゃねぇのかよ……」感は正直かなり強い。

PCIe x16のロック解除がやりづらい

このマザーのx16スロット、特に上側のスロット……

グラボを挿すとロック解除がめちゃくちゃやりづらくなります。
X570-F ラッチ

特にSAPPHIREのRX570みたいな、バックプレートが付いているマザーを装着した時に顕著。

ラッチがグラボでほとんど隠されてしまうのに加えて、ヒートシンクより高さが下になるので押しづらい……

小型のクーラーとか水冷水枕を付けている時ならまだスペースがあって押せるんですが、忍者 五みたいな大型のクーラーを取り付けると押せなくなります。

ええ、やってしまいましたよ、はい……
X570-F ラッチ 欠け

怠慢してものさしで押してたらちょっと欠けた。これは怠慢しようとした俺が完全に悪いんですが……押しにくいのは事実です。(グラボ外すためだけにネジで付けられてるヒートシンクを外してグリス塗り直すの、めんどくさいんだもん!)

窒息配置

このマザーもX570のチップセットファンが窒息配置になってます。
X570-F 窒息

という訳で窒息状態と非窒息状態での温度を調べてみようと思います。

検証環境は以下の通りです。

CPU AMD Ryzen 7 3700X
クーラー Scythe 忍者 五
メモリ Crucial DDR4-3200 16Gx2
GPU Radeon RX 570
電源 Corsair RM850x

室温は25℃、エアコンで調整して温度計で計測。

SAPPHIREのRX570を窒息になるスロット(PCIEX16_1)に挿したパターンと、ならないスロット(PCIEX16_2)に挿したパターンの2パターンで起動して、無負荷のまま放置、そのまま何度まで行くか確認します。

これが結果です……と行きたいんだけど、HWMonitorで取れる情報だとどれがチップセットの温度か分かんねぇ……(AISuite3も試してみましたが同様)
X570-F チップセット 温度

温度に関してはとりあえず「測定不能」という事で。

ファンの回転数ですが、窒息でも非窒息でも2000rpmくらい、個人の感覚ですがチップセットファンはX570 Taichiより静かだと感じました。

問題なのはM.2_2スロット。このチップセットファンは風を下側に送り出すようになってて、温められた空気がそのままM.2_2に吹き付けます。
X570-F チップセットファン(実際に取り付けた際の向きと合致するように左右反転してます)

実際、手で触った感じだとM.2_2は40~50℃くらいあるんじゃないかという感じ。もちろんSSDは接続されていない状態で、です。

その代わりM.2_1にはほとんど熱がいかないみたいで、グラボとかの熱を拾ってほんのり暖かくなるくらいです。

NVMe SSDを1つしか使わない人には良いかもしれない。M.2_2を使うなら少し気を遣った方が良いでしょう。

その他

BIOS(UEFI)とか発光とか……

ちなみにBIOSのバージョンは1201を使用。
X570-F バージョン

X570-Fはデフォルトだとなぜか仮想化機能が無効になってる。これZ97-Cとかでもそうだった気がするんだけど、なんでだ?
X570-F SVM

BIOS起動

X570 TaichiでBIOS起動するまでの時間を大雑把に計ったので、このマザーでも同じことをやってみます。

対象になるのは「スイッチを押してからメーカーロゴが出るまで」の時間です。ロゴの表示時間をUEFIの設定から縮めれば実際の起動時間は更に早くなる可能性があります。

というわけで結果、大雑把ですがだいたい18秒~20秒くらいかな……という感じ。

X570 Taichiとの差は小さいですね。こんなものでしょう。

発光

ご多分に漏れず光ります。
X570-F 発光

ただ、光るのはここだけなので「光らせる」という観点では少し地味かなぁ、という気も。

光らせない人には関係ない話ですがね。

まとめ: 値段を考えるとTaichiを買う方が良い

ASUSの担当者が見てるなら先に謝っとく。ごめんね、俺はただの消費者だから特定の企業や製品に肩入れする義理はないんだよ。

「ごくごく普通のマザー」という意味ではX570-Fも悪い物ではないんですが、X570 Taichiとの価格差を考えるとわざわざ選ぶメリットもないなぁ……というのが素直なところ。

発売当初はX570-Fが約3万5000円で、X570 Taichiが約4万円と5000円ほどの差があったので、この時点ならまぁ、まだ……という感じでした。

現時点(2019-10-21)だと、X570-Fが約3万2000円、X570 Taichiが約3万3000円と、その差は1000円ほどに縮まっています。(更に、AmazonだとX570-Fの方が高いという状況に……)

X570-Fに+1000円するだけで大型のヒートシンク、バックプレート、M.2スロットが1つ追加、Wi-Fi 6やBluetooth 5.0などが付いたX570 Taichiが買えてしまうとなると……ねぇ?

ちなみにX570-FにWi-Fi/BTと2.5Gbeを追加したようなスペックのX570-Eだと3万6000円です。

もちろん人によって拘るポイントは違うので、「俺はそれでもX570-Fを買うよ!」という人も居るかもしれませんが、俺ならX570 Taichiを推しますね。

ASRock X570 Taichi レビュー

 - コンピューター ,